読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平和にのんびり英語教育

香川県の教育フリーランスjackerのブログです。

教育とイマジネーション

私も30歳になり、20代の頃とは教育観が少し変わってきているのを実感しています。

 

最近、特に心掛けていることは「10年後の生徒に語りかけること」です。

 

これは大塚謙二先生の『教師力をアップする100の習慣』に書かれてあって、印象深かったことです。

 

今・ここの生徒のみならず、10年後生徒がどのように「生きて」欲しいかを想像した語りかけをすることが大切だということです。

 

私が昔の勤務校で、元校長先生に呼び出され、「もっと真摯な態度で生徒に向き合ってほしい」と言っていただいたことも、今では素直に受け止められます。

 

結局、教育において一番大切なことは「イマジネーション」ではないかと思います。

 

イマジネーションとは、起こりえない「仮定の世界」と実際に起こっている「現実の世界」の論理を合わせていくことだと考えています。

 

もちろん「現実の世界」は非合理的ですので、合理性を重視した「仮定の世界」では対応できない事態も多いでしょう(というよりそのほうが多いと思います)。

 

しかしながら、現象の上位に「起こりうること」と下位に「起こりうること」を頭で想像することができるのは、教師にとって大切な資質ではないかと思っています。

 

現象はマグマのように連続する概念ですので、上位と下位という「程度問題」に持っていくには、科学的な素養が必要とされます。

 

ただ、上位と下位という程度問題から零れ落ちる「可能性」に目を向けられるには、文学的な素養が必要になってきます。マグマの世界をマグマのように捉えながら、そこから抽象したうえで、具体的な語り方ができる力と言えばわかりやすいでしょうか(全然わかりやすくない)。

 

そうしたイマジネーションをベースに、生徒の未来にまで想像することのできる力が、教師には必要ではないかと、最近切に思っています。

 

そのためには、教師は生徒とお友達関係ではいけないという帰結につながるのも当然だと思います。

 

まあ、これも30歳という年齢になってからわかったことですし、最近、「勉強法」の本を執筆したために、「この生徒が将来生きていくためには何が必要なのか」なんてことを多少は考えられるようになったからだと思います。

 

生徒の良い部分を引き出すのはもちろん大切なことです。その根底は変えてはいけません。しかしながら、生徒の良くない部分にまで注意を払い、それをいかに「軽減」できるかも必要だと思い直すようになりました。

 

ただ、人間は根の部分は変わらないものです。根の先にある枝や葉を枯らすことなく、新しく芽吹けさせるのが教育ではないかと思います。

 

そのためには、教師が生徒をコントロールしようとしてはならないと思います。あくまで、生徒が自分自身で「気づく」まで、教師は勇気づけるしかできないのではないでしょうか? 「教育」と「矯正」は異なるものです。

 

重松清さんの『青い鳥』の中で、村内先生が言っていたように、「教師はただ生徒に寄り添うだけしかできないかもしれない」というのは説得力があります。『教育人間論のルーマン』でも、「学習者を<教育>することはできるのか」という問題意識の下、教師の向かうべき姿について考えられています。

 

教師ができることと言えば、生徒の可能性に目をやり、向かうべき姿を一緒に想像してやり、そこへ静かに「一緒に向かう」ことだけなのかもしれません。