平和にのんびり英語教育

香川県のフリーランスjackerのブログです。

世界平和へのカギ-自律的学習者とユニバーサルデザイン-

世界平和とは何なのでしょうか? これまでこの問題について多くの議論がなされてきました。

 

世界史を見てみると、世界の歴史は「戦いの歴史」だったと言われています。現代にいたるまで、「平和」と呼べる世界情勢だったことはありません。

 

「平和」の定義がそもそも難しいため、乱暴な議論はできませんが、「戦闘のない状態」として捉えることにします。

 

そうすると、「世界平和」とはユートピアでしかありえないのでしょうか?

 

社会主義もかつてはユートピアと言われました。しかし、全体主義に転換し、悲劇をもたらしたことは知っての通りです。

 

ですので、世界平和のためにユートピアを設定するのがそもそも間違っているのかもしれません。

 

では、人間の集団、すなわち「民」の視点から考えるとどうなるのでしょうか?

 

戦争は国家レベルで起きる凶悪です。それを実行できるのは時の権力者です。

 

民ができることはそれを食いとどめることでしょう。

 

そのためには、政治に鋭敏に反応し、メディアに惑わされず、自分自身のことばで考え、語ることのできる「市民」が必要になってきます。

 

これについて妄想した際、私が真っ先に思い浮かんだのが、「自律的学習者」という概念でした。

 

自分の言動に責任を持ち、自分の力で生涯的に学んでいくことのできる学習者のことです。

 

そうした学習者が増えることにより、民は政治のコントロールする存在ではなくなり、政治を動かす存在になれるのではないでしょうか?

 

世界平和をユートピア的にとらえるのではなく、民に視点を移せば、1人1人がしっかりと考えることのできる社会を生み出すことが、世界平和のカギなのかもしれません。

 

もちろん、そういう状況を生み出すのが先手です。貧困や病気などにより、そもそも「考える」ことのできる状況が作られないと、前提が覆ってしまいます。

 

ですので、強い者は弱い者を支え、1人1人が快適に最低限度の生活を送れるという土台が必要になってきます。

 

こうしてみると、この発想はユニバーサルデザインに限りなく近づくと思います。

 

では、ユニバーサルデザインユートピアとして設定すればいいのでは? という考えもあるでしょうが、理想と現実は必ずしも合致しません。空想上の世界を現実に根付かせたとき、必ず矛盾は生じます。

 

ですので、1人1人が自律的学習者になり、ユニバーサルデザインの精神を持つことが、世界平和につながるのではないか……というのが私の現在の暫定的な「世界平和」のための回答になります。

 

参考文献:

和泉敏之 (2016) 『教師に向けた「輝く英語教育を夢見て」』日本橋出版

和泉敏之 (2017) 『中学生のための生きる力を養う勉強法』日本橋出版