風と雪

香川県のフリーランスjackerのブログです。

当事者を「生きる」-「当事者研究」について考えたこと

研究手法として、「当事者研究」というものがあります。数値で測れない人間の「質」を問う研究手法です。

 

従来、英語教育の世界では、量的研究をはじめとした数値で測る物差しがメインストリームでしたが、近年世界的な傾向である「質的ターン」や「ナラティブターン」によって、数値をはじめとした量では表現することのできない繊細で微妙な世界を描写しようというパラダイムシフトが起こっています。

 

当事者研究のルーツは心理学の「ケース・スタディ」までさかのぼることができるかもしれません。ケース・スタディでは、事例研究が盛んに行われ、1つの事例について様々な研究者が語り合うことを主眼としていました。

 

そして、「当事者研究」を大々的に行ったのは、何と言っても「べてるの家」でしょう。統合失調症をはじめとした当事者とソーシャルワーカーたちが「語り合い」、従来投薬療法でしか治療が出来なかったこれらの病気に対して、対話療法でかなりの成果をあげてきました。

 

当事者研究では、当事者と研究者の個体を重視するのではなく、彼らに巻き起こる「語り合い」が重視されています。「語り合い」を有機的に、生物的にとらえ、どのような語り合いが行われるかによって、研究の中身は変容していくとされています。

 

この「語り合い」を充実させるにはどうすればよいかと考えたのですが、私は以下の考えを持つようになりました。今回は研究者サイドによる視点です。

 

・研究者は当事者の世界を「生きる」

 

当事者研究では、当事者の「物語」が重要視されます。その「物語」をうまく作れるかどうかが、研究者の裁量に関わっています。

 

そのためには、研究者は鋭敏な感受性と共感能力によって、当事者の世界を内側から「生きる」必要が出てきます。

 

物語とは、乱暴に言うならば、出来事と出来事を意味によってつなぐことです。まず、意味付けの力がないと、良質な研究はできませんし、そのような「つなぐ」という力が何より大切になってきます。

 

そうした意味は、なんでもいいのではなく、当事者自身に新しく意味を価値づけさせる必要が出てきます。

 

しばしば研究者は当事者に「聞く」ことを優先させてしまい、当事者に新たな意味を発掘させる行為を怠ってしまいます。あるいは研究者の主観を押し付けてしまう場合もあります。ここで重要なのは、「他者を支配するのではなく、他者がいて自己がいる」という価値観への発想転換だと思われます。

 

さて、研究者と当事者の深い信頼関係によって生み出された「意味」は、それ自体が有機的に動き、新たな意味の発掘につながっていきます。

 

では、「生きる」とはどういうことなのでしょうか?

 

ここで『独眼竜政宗』というドラマについてインタビューに参加した渡辺謙さんの語りを紹介します。渡辺謙さんは当時、衆目知るところの大御所であった勝新太郎さんについて、「勝さんは豊臣秀吉を『演じていた』のではなく、『生きていた』と思います」という趣旨の内容を語っていたことを、私は記憶しています。

 

 

これは演技というメタファーかもしれませんが、自己と異なる他者を「生きる」ためには、感受性と共感能力をベースにした、深い想像力による「表現力」も必要になってくるのかもしれません。

 

私は先週、甲野善紀先生の最新術理体験会に参加しましたが、甲野先生は「武術と演劇は共通するものがある」という趣旨の内容を語られていました。こころとからだを中心とした人間をつかさどるシステムを自分も他者も納得のいくように起動させ、それを外的世界に表出させるということによって、武術と演劇は同じ目的を実行するという風に、私は解釈しています。

 

そうした感受性・共感能力・想像力・表現力によって、研究者は当事者の世界を「生きる」ことができるのでは、と考えるようになりました。

 

物語の創造はしばしば「アイデンティティの探究」と言われます。研究者は当事者のアイデンティティを「意味」と通じて、掘り起こす必要があるのかもしれません。

 

参考文献:

和泉敏之 (2017) 『文化の世界-英語教師に向けた相互文化理解教育の未来』日本橋出版

河合隼雄 (2002) 『物語を生きる』小学館

ジャン=ミシェル・アダン 著、末松 寿・佐藤正午 訳 (2004) 『物語論白水社

やまだようこ 編 (2007) 『質的心理学の方法-語りをきくー』新曜社