風と雪

香川県のフリーランスjackerのブログです。

サルにはなりたくない。

かつて「さよなら人類」という曲がありました。

 

初めて聞いた時は、何をふざけているのか? と思いましたが、この曲は紛れもない「反戦ソング」でした。

 

長い歴史の中で、人類学者はアルカイックな地域を研究して、そこから浮かび上がるものを「人類」ととして記述しようとしてきました。

 

近年、その動きに批判がくわえられています。「人類は皆平等」という理念のもと、ポストコロニアル理論やカルチュラル・スタディーズなどの学問も生まれました。

 

www.youtube.com

我々はどこから来て、どこに向かおうとしているのでしょうか?

 

1つだけ確実なのは、カール・マルクスが言っていたように、人類は「類的存在」だということです。

 

私も最近、他者との交流を避ける生活を続けていましたが、「絆」や「友愛」を味わい、深めるために、行動しようと思いました。