人気ブログランキングへ

風と雪

和泉敏之のブログ

英語

Spring Snow

作詞:和泉敏之 Many many seasons have gone.Sunny rainy sea has given moon. So why is it snowing?Know white is flowing. I love this for some reason.I come back to this season. So why is it snowing?Law might be flowing. I love this for some …

コミュニケーション英文法(はじめに)

コミュニケーション英文法 ――読み手・聞き手が受け取る英文法 はじめに 時制 助動詞 態 副詞 接続詞 比較構文 仮定法 関係詞 おわりに はじめに コミュニケーションということばが頻繁に聴かれるようになってから久しいです。しかし、「コミュニケーションと…

言語ゲームの基本ーー『ウィトゲンシュタイン入門』を読んで

言語ゲームの基本――『ウィトゲンシュタイン入門』を読んで 言語について考えるには、ウィトゲンシュタインは避けて通れぬ道だとは思っていましたが、私はおよそ10年前に『論理哲学論考』を読んだ気になって、そのままにしていました。しかし、彼の哲学はそこ…

英語ライティング指導における考察ーウィトゲンシュタイン『哲学探究』を用いて(アウトライン)

英語ライティング指導における考察 ―ウィトゲンシュタイン『哲学探究』を用いて― 1. 序論 哲学探究 2. 方法 『哲学探究』による英語ライティングの考察 3. 結果 学習者は英語を使用する中で、その意味を理解していく。 特に書き言葉のモードにおいて、その事…

Griceの’Meaning’

関連性理論の理解度を深めるには(最近、関連性理論とルーマンの接合を思慮しています)、やはりGriceを読んだ方がいいと思うに至りましたので、今回、彼の『Meaning』という論文を読んでみました。 ルーマン、最近はウィトゲンシュタインを勉強しながら、「…

関連性理論の基本

2020年は多くの人にとって激しい一年だったのではないでしょうか? 星占術的にも、12月22日の「コンジャンクション」を前に、いつもと異なる激しい師走を迎えている気がします。 こういうときこと「初心に帰る」のが一番だと思い、今年の後半から「関連性理…

【勉強ノート】ことばの力学(白井恭弘)

【勉強ノート】『ことばの力学』(白井恭弘) 言語について意識を高める上で、「批判的応用言語学」の知見は非常に勉強になります。今回、この分野の新書を読んで、言語に対する「批判的(×否定あるいは批評)」な態度を養う試みを行いました。 今回、本書か…

英語教室内におけるコミュニケーション(未完)

英語教室内におけるコミュニケーション ―ニクラス・ルーマンの社会教育学の知見を用いて― 和泉敏之 (フリーランスライター) 1.序論 榎本(2019)によると、学校英語教室内における英語学習はコミュニケーション行為に基づいて行われるという。しかし、こ…

【勉強ノート】『デカルト派言語学』(川本茂雄/ノーム・チョムスキー)  

【勉強ノート】『デカルト派言語学』(川本茂雄/ノーム・チョムスキー) 様々なことが起こり、大きな「転換期」を迎えている2020年ですが、残りの時間は言語について了解を深めようと思っています。まずは、ノーム・チョムスキーという大斗から少しずつ勉強…

意味の英語教育戦後史 ―二クラス・ルーマン「ゼマンティク」論による考察―(未完)

意味の英語教育戦後史 ―二クラス・ルーマン「ゼマンティク」論による考察―(未完) 和泉敏之 (フリーランス・ライター) 1.序論 二クラス・ルーマンによると、コミュニケーションには意味が重要とされる。一般的なコミュニケーションにおける、複合性の縮減…

認知と言語の意義

最近、認知言語学をベースにした英文法書を読んでいるのですが、それを自分に落とし込むには人間の「認知」について深く思慮を深めることが必須だと思うに至りました。 そこで今回は昔の読書ノートから「認知意味論」という分野について学び直しを行いたいと…

生成文法の基本(代名詞に注目して)

新型コロナウイルスの関係で一日のほぼ全てを家で過ごしています。そんな中、昔まとめた読書ノートを再読していました。今回からしばらく読書ノートを基に記事を書いていこうと思います。家で過ごす皆様の時間を少しでも豊かにできればと願っています。 その…

英語の歴史

英語の歴史 1. はじめに2. 古英語 (Old English)3. 中期英語 (Middle English)4. 近代英語 (Modern English)5. まとめ 1. はじめに 世界に多く存在している言語の中でも、英語の使用範囲はますます拡大しています。英語を日常的に使用している人…

私の英語学習歴

最近、英語に強い興味を再び持つようになってきました(特に最近、批判的応用言語学に興味を持っています)。そこで、今回私の人生における英語学習歴を振り返って見たいと思います。 □小学生のとき 小学生のときはラボ・パーティという団体に所属していまし…

物語としての授業――トマシェフスキーのモデルを援用して

私の最近の家庭教師における授業の実践報告モドキをしたく思います。 授業の構成として有名なものは「導入―展開―まとめ」でしょう。 それに類似したものとして、世阿弥の芸術論である「風姿花伝」では「序―破―急」という構成が有名です。 私が普段実践してい…

Two of us -- The Beatlesの物語

「今日はジョンの50回目の誕生日だ。だから、彼にささやかなお祝いをしてあげたかったんだ」 The Beatlesの中心メンバーとして活躍したポールとジョンだったが、彼らの歴史は「戦いの歴史」でもあった。 The Beatles解散直前、ジョンは妻のヨーコを頻繁にス…

言語の有機性-『一般言語学講義』から考えたこと-

遅ればせながらソシュールの『一般言語学講義』を読了しました。読もうと決めて、実に10年間放っておいてしまい、不勉強を重ねたことをここに反省します。 ソシュールの『一般言語学講義』には言語学の祖先的な遺産的意義があると言われ、研究が進んだ今日の…